読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・社長への道

婿養子として専務の道を歩み始めた翔三の社長になるまでの日々を描いた奮闘記。

--------------------------------------------------------------------------- one at a time ----------------------

溢れる気持ちは川のように

中居です!

 

世の中には情報があふれています。

どれが正解?という話でもなくなってきています。

人によって正解不正解は違いますし

どれを選ぶかで結果が随分と変わってくると思います。

そんなギャンブルみたいなことはやりたくないですよね。

必要なのは情報に左右されないこと

しっかりと芯を持ち、ブレない軸を持つこと。

 

迷いが出るということは

進んでいる道に突然、分かれ道が現れるということ。

迷いがないということは

分かれ道が現れても

進むべき道への矢印がしっかり見えている状態だと思います。

 

溢れる情報の中から自分にとって必要な情報を得ることは

川の中から色・サイズ・形が希望通りの一つの石を見つけるようなもの。

 

ただ、一度見つけたら

それを見つけた方法だけを繰り返せばいいんじゃないかと思います。

それとそれが自動的に取れる方法を考えればいいと思うのです。

 

情報の話は

気持ちの話にも似ていると思います。

芯や軸の話になってきますが

 

迷いが出やすい人は

気持ちも溢れていると思います。

あれもいいかな

これもいいかな

自分の心の中でしゃべっている声がたくさんなんだと思います。

 

そういう状態では

確かな情報を捉えることは出来ないと思います。

 

迷うことは決して悪くはないと思ってます。

最良の結果を求めているわけです。

でも

ずっと迷ってたら

それこそ最良なんて得られません。

 

今の最良は何なのかなら

考えれば分かると思うのです。

まずはそこから。

 

 

抽象的な話になりますが

 

 

自分の心が綺麗なガラス玉だとします。

周りには似たような石がたくさんあります。

そこには川が流れています。

その川は日によって流れが全然違います。

 

気持ちが穏やかな日は流れも穏やか。

気持ちが荒れている日は流れは速い。

 

周りの石たちは

これまで自分に嘘をついた時に出来た石。

ある意味で

自分をごまかし、自分を守ってきたから

他人が簡単にそのガラス玉を見つけることは出来ないのです。

ただ

それを繰り返してきたので

自分でもそのガラス玉を見つけることが難しくなってきてしまったのです。

 

本当は綺麗なガラス玉なのに

傷つくのが怖くて隠れてしまったのです。

その輝きが自分を輝かせ

他人を照らすことさえ出来るかもしれないのに。

 

 

気持ちを穏やかにすること

自分に嘘をつかないこと

ちょっと立ち止まって

深呼吸して

 

そしたら

川の流れは穏やかになり

川は綺麗に澄んで

差し込む光に反射した綺麗なガラス玉が見つけられるはずです。

 

 

もし

自分の気持ちが逆の方向に溢れてきてしまったら

いやそういうことよくあるかもしれません。

つまり荒れに荒れてしまうことです。

それはもう止めなくてもいいんじゃないかと思います。

 

台風の後

川が綺麗になることがあります。

 

気持ちが荒れすぎて川の流れがすごく早くなり

石もガラス玉もいろんなものが流れてしまい

でも、そのあと綺麗になるのです。

 

ガラス玉が遠くにいってしまって

探しにいくのが大変ではあるけれど

周りにあった石たちはバラバラになっています。

 

台風の後は晴れますし 

きっと、以前よりも探しやすくなているはずです。

きっと、見つかるはずです。

 

 

話を戻しましょう。

 

気持ちに嘘をつかず

自分のやりたいことがブレずにしっかりしていれば

自ずと迷いが消え

欲しい情報も手に入ると思います。

迷いが消えることで時間のロスも減ります。

 

理想は必要です。

でも理想ばっかり追いかけていると

アレもコレも状態に陥りやすいです。

一歩一歩、やっていくしかないと思います。

 

目の前に広がる一本道をしっかりと踏みしめていくことが

最良の道であり

最速の道かもしれませんね。

そこには嘘が無いから

後で崩れることもありません。

遅くとも、

前へ進みつづけられる。

 

商品紹介のコーナー!

 

f:id:nakai-senmu:20170516094759j:plain

インナー手袋。

この青いものがニトリル手袋と呼ばれるもので

手にかなりフィットします。

 

このインナー手袋は肌着のようなもの。

直接ニトリル手袋をすると不快感のようなものを感じる人もいるのです。

ムレやかゆみなどなど。

それを防ぐ役割のあるインナー手袋。

 

そしてこのインナー手袋は指先が切れているタイプです。

切れていないタイプもあります。

何でこの違いがあるかと言うと

指先の感覚だけしっかりと感じられるのはこの指切りタイプということです。

 

いろいろあるんだなぁ

まだまだ知らないことがたくさんだ

商品についての知識不足を感じると同時に

飽きることはないんだろうという実感があります。

 

勉強勉強! 

 

翔三でした!

 

いつもありがとうございます!

引き続きぽちっとお願いいたします!

 

 


にほんブログ村

 

paonakai.wix.com

 

ポチッとお願いします!

にほんブログ村