読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・社長への道

婿養子として専務の道を歩み始めた翔三の社長になるまでの日々を描いた奮闘記。

--------------------------------------------------------------------------- one at a time ----------------------

八戸にいるということ

中居です。


今日は1日、どこか上の空でした。

朝、突然の悲しいお知らせが耳に入りました。


夢?嘘?え?



色んな出会いがあり、

今僕はここにいます。

好きとか嫌いとかじゃなく

人生に影響を与えた人たちは

それぞれのタイミングで居ました。


その中でも、

その方がいなければ

多分青森にはいなかった、

というくらいの方が空へと旅立ちました。


すごくお世話になった人。

まだ49歳だったのに。


信じられない

とか

いなくなって初めてわかる

とか


そういう言葉を耳にする時

他人事のように感じる時もあったけど、


今はその言葉達が良くわかります。


遠くにいながら

その方とはこれからも付き合っていくんだろうなーと、なぜか思っていたんです。

活動的な方で、もしかしたら何か仕事でも繋がれるんじゃないかなーとか思ってました。




僕は今

青森県、八戸にいるんだなー。

ということを改めて考えさせられた日でもありました。


これからも出張はたまにありそうですが、

あくまで仕事。

それを除いて帰省することは年に一度か二度。


その中で

会う人は限られていて

疎遠になった人は

もう会わないかもしれない。


付き合いのある人だって

数十回とは会えないかもしれない。


歳が倍ほど離れている人なら尚更。


婿に来たってそういうこと。

青森にいるってそういうこと。


交通機関の進歩で

今はまだ近い方なんでしょう。


昔はそれなりの覚悟が無いと来れなかった距離なのかも。


僕も

何の覚悟もなしにここに来たわけじゃないです。


僕はここで生きていきます。

出会いを大切にしながら。

一秒一秒を感じながら。




まだ、嘘でしょ?と思ってるんですが、

きっとほんとなんです。


その方から頂いた沢山の学びは僕の中で生きています。


現実味が無くて悲しい気持ちにもなれないけど、

これからもこういうことだってある。

生と死ってものを思い出しました。


一生懸命。

命を懸けて生きる。

命を懸けて生きて、笑っていられる人生を歩んでいきたいと思います。

 

翔三でした。


 


いつもありがとうございます。

引き続きぽちっとお願いいたします。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村

 

paonakai.wix.com

 

ポチッとお願いします!

にほんブログ村