読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・社長への道

婿養子として専務の道を歩み始めた翔三の社長になるまでの日々を描いた奮闘記。

--------------------------------------------------------------------------- one at a time ----------------------

「誰かがやってくれる」ではなく「あなたにやっていただく」

中居です!

 

「人任せ」という言葉は

一般的にあまり良い響きではありませんよね。

「誰かがやってくれるでしょ。だから僕がやらなくても。。。」

という人任せは、多くの人が思ったことくらいあるのでは?

(そんなこと思ったことない!という人は素晴らしい人です。もう何も言うことはありません。笑)

思ったことはあるけど、あんまり良いイメージはない。

自己嫌悪にもつながる部分です。

そういう人任せは周りにも自分にも悪影響。出来るなら避けたいところ。

 

でも、経営者は人に任せるのが仕事。

人にまかせるのが上手い人は経営者に向いているのだと最近は思います。

僕は今のところ、人に任せることが苦手です。残念ながら。

 

何でも自分でやりたいし

どんなことでもやってみたい。

信用してない、というわけじゃないんですけどね。

僕はまだ修行中の身なので良しとさせてください。笑

経験を積んでいるのです。

 

ここでいう人任せは上の人任せとは違います。

会社は経営者がいて

人を雇って、会社を回します。

経営者は雇った人に仕事をしてもらって会社を動かすのです。

 

「誰かがやってくれる」という曖昧で後ろ向きな人任せではなく

 

あなたはこれが出来るからこういう仕事に向いているから

これは「あなたにやっていただく」という

その人を信用してるからこそ出来る、的確な人任せ。

これです。

 

 

家族経営ではなく

実力で上の立場になった人たちは仕事が出来る人たちです。

そうなると自分の方が出来るから、

部下に仕事を任せることが不安だ、という人もいると思います。

 

でも

仕事を与えなければ

成長はないのです。

会社は全体で動くものです。

成長が無ければ、いつか会社は停止してしまいます。

 

与えること、アドバイス・フォロー、環境づくり、

新しい立場には新しい仕事があります。

そういうことが出来ないのであれば

一人で仕事を立ち上げるのも良いかもしれません。

少人数で信頼できる仲間たちと事業を起こすのも

そういう人には向いているのかもしれません。

 

組織というものを形成するには

それぞれの役割をそれぞれが理解し

適任者へ仕事を任せながら、支え合いながら、動いていく必要があるのです。

 

 

経営や仕事という観点からだけではなく

普通の日々の中でも

あなたにやっていただく人任せであれば良いと思うのです。

 

よく聞く言葉で「人は一人では生きていけない」というのがあります。

これはほんとにその通りだと思います。

一人でも生きていけるわい!という人はとんだへそ曲がりでしょう。笑

「一生独身」は一人じゃないの?とかそういうことじゃないくてですね、

何をするにもそこには人の手がかかっているのです。

今僕がパチパチしているパソコンも誰かが作ったものです。

歩いている道路も誰かが工事しているからこそ歩けるのです。

布団も目覚まし時計も

体温を感じることの出来ない機械も人が作ったものなのです。

そういうことを思っていると機械にも温かみが生まれてきませんか?

 

人が作ってきた歴史の上に僕らは生きていることを忘れてはいけないと思います。

そこに人の温かみを感じることが出来る人間でありたいと思います。

 

あ、話がずれました。

 

普通の日々の中でも、、そうそう。

 

人は一人では生きていけないし

時間も限られているから

自分一人で出来ることには限界があります。

だから

髪は美容院に行って美容師さんに切ってもらうし

野菜は一から育てず、農家さんが育てた野菜を買うし

車や電車を使うし(お金で時間を買うイメージ)

忙しいママはスーパーでお惣菜を買う時もある。

  

人それぞれに役割があり

得意なことも違う。

 

僕は人気漫画「ONE PIECE」が好きで今も読んでいるんですが

その中で好きなセリフ(他にもたくさんありますけど)があるのでご紹介します。

単行本10巻90話「何ができる」より

敵・アーロンとのやり取りから。

 

アーロン 「バカで非力で愚かな種族が人間だ!!!海に沈んでも一人じゃ上がってこれねェ様なてめェに何ができる!!!」

 

ルフィ

「何もできねぇから助けてもらうんだ!!!」

「おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!!!
 航海術も持ってねェし!!!
 料理も作れねェし!!ウソもつけねェ!!
 おれは助けてもらわねェと
 生きていけねェ自信がある!!!」

f:id:nakai-senmu:20170408111007j:plain

 

ああ、良い。

これは読んでみないとピンと来ないかもしれません。

 

ルフィはこの漫画の主人公。

「ゴムゴムの実」という「悪魔の実」を食べて

カナヅチになる代わりにゴム人間という特殊能力を手に入れました。

(海に沈んでも一人じゃ上がってこれないというアーロンの言葉はこのカナヅチからきてます。 )

そして海賊王になるため、修行して、ゴムの力を使いこなし強い力を手に入れました。

 

旅の中で出会った仲間たちはそれぞれ出来ることがちがいます。

ゾロは剣術

ナミは航海術

サンジは料理

ウソップは嘘。笑 (狙撃手です)

 

この後には続きがあります。

 

アーロン

「そんなプライドもクソもねェ
 てめェが一船の船長の器か?

 てめェに一体何ができる?」

 

ルフィ

「お前に勝てる」

 

かっこいいっす。

 

自分に出来ることは少ないと認めつつ

出来ることをに自信を持って、力を注ぐ。

 

出来ないことは出来る人に任せ

他の人には出来ないことは助ける

自分の力を発揮し、補いあう世界

ステキじゃありませんか!

 

今までももちろんありましたが

これからはこういう世界が主流になってくると思います。

 

いろんな頭の良い人たちが言っています。

ここ数年で世界は激変する、と。

先を見て

スピーディーに変化に対応していきたいと思います。

 

商品紹介のコーナー! 

 f:id:nakai-senmu:20170408153420j:image

竹皮風の紙折箱です!

素敵。

f:id:nakai-senmu:20170408153528j:image

納品時はこんな感じ。

f:id:nakai-senmu:20170408153549j:image

完成〜♪

 

耐水・耐油・耐熱性に優れているようです(゚∀゚)  

 

翔三でした!

 

いつもありがとうございます!

引き続きぽちっとお願いいたします!

 

 


にほんブログ村

 

paonakai.wix.com

 

ポチッとお願いします!

にほんブログ村